Twitter


社会起業家宣言

田坂広志

社会起業家フォーラム代表 田坂広志

藤沢久美

社会起業家フォーラム副代表 藤沢久美

いま、なぜ、社会起業家なのか

藤沢
このたび、7月1日に、
「社会起業家フォーラム」を設立されるのですが、
いま、なぜ、社会起業家なのでしょうか。
田坂
7月1日に、「社会起業家フォーラム」を設立させていただきます。
このフォーラムを設立する目的は、一言で言えば、
「社会起業家」としての「生き方」や「働き方」を
広く社会に提唱することであり、
そうした「生き方」や「働き方」をめざす方々を
支援することです。

しかし、そのためには、
まず、そもそも「社会起業家」とは何か。
そのことを、明確にしなければなりません。

実は、このフォーラムの最初の活動は、
この「社会起業家」という言葉の「新たな定義」を提案することです。

これまでの「社会起業家」という言葉、
すなわち、「ソーシャル・アントレプレナー」という言葉は、
英国を始めとする海外でも、また我が国においても、
様々な意味合いにおいて使われてきました。
しかし、これまでの「社会起業家」の定義は、概ね、
次の二つの意味を持って使われてきたと思います。

まず第一は「社会起業家」の「社会」という言葉の意味です。
これは、しばしば、
「社会起業家」とは、単なる「起業家」ではない、
という表現とともに使われてきました。
その意味は、「社会起業家」とは、一般の「起業家」のように
「営利」を目的として活動するのではなく、
「社会への貢献」を目的として活動する人々であるという意味です。
そして、その「社会への貢献」の分野も、
医療、福祉、環境、教育、文化などの「社会サービス」の分野で
活動する人々という意味が中心でした。

そして第二は「社会起業家」の「起業家」という言葉の意味です。
これは、しばしば、
「社会起業家」とは、単なる「社会活動家」ではない、
という表現とともに使われてきました。
その意味は、「社会起業家」とは、
社会奉仕や慈善運動を行う一般の「社会活動家」のように
「寄付」や「補助金」に頼って活動するのではなく、
「事業としての持続性」のある活動を行う人々であるという意味です。
そして、その「事業としての持続性」を確保することのできる
プロフェッショナルとしての起業能力や経営能力を身につけた人々
という意味でした。

すなわち、これまでの「社会起業家」の定義は、
医療、福祉、環境、教育、文化などの社会サービスの分野で、
起業家精神と起業能力や経営能力を発揮して
現在の事業の革新や新しい事業の創造を行っていく人々
という意味でした。

たしかに、我が国においても、こうした意味で
まさに「社会起業家」として活動し、
様々な実績を残している方々はいます。
そして、それらの方々の活動は敬服すべきものであり、
その姿からは深く学ぶものがあります。

しかし、こうした先進的・先鋭的な定義だけでは、
「社会起業家」としての「生き方」や「働き方」は、
必ずしも、大きく広がっていかないでしょう。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • Next Page